【戸建て住宅で隣人からの嫌がらせ】近隣トラブルの相談先と解決方法は?

戸建て 隣人 嫌がらせ

 

 

戸建ての住宅を建てたり購入した際、隣人トラブルへの不安が頭をよぎったことはありませんか?

もしくは今読んでいらっしゃる方の中には、現在進行形で悩んでいる方もいるかもしれませんね。

 

 

話し合いで解決すれば良いのですが、それどころか、隣人が故意に嫌がらせをしてくるような悪質なケースも存在します。

こういった隣人トラブルが発生した場合、賃貸住宅であれば大家さんや不動産会社に相談できます。

 

 

しかし、自身でローンを組んで購入した家の場合そうはいきませんよね。

今回は、戸建て住宅でまれに起こりうる隣人からの嫌がらせの実例と解決のポイント、および適切な相談先について解説していきます。

 

 

【一生賃貸が賢い選択?】家を買う前に知っておきたい「買ったばかりの家を売る理由」の第1位

 

 

 

隣人が嫌がらせをしてくるケースの3例とは?

どんな隣人からの嫌がらせが存在するのでしょうか。

実際に起こっている嫌がらせを3例紹介します。

 

 

(1) 何度もクレームを入れてくる

隣人がいわゆるクレーマーだった場合、些細な事で何度もクレームを入れられる被害が発生します。

 

  • 大きな音は出していないはずなのに、生活音がうるさいと言われる
  • 挨拶がなってないとわざわざ電話でクレームを言ってくる。ただし向こうからは挨拶してこない
  • お隣の敷地には一切干渉していないはずなのに、庭木の枝が邪魔だから切れと言ってくる

 

このような言いがかりに近いクレームを頻発してくる人に共通するのが

話が全く通じないという

点です。

まともな話し合いはまず無理でしょう。

 

 

 

(2) ゴミを捨てられたり花壇を荒らされたりする

隣人が嫌がらせとしてこちらの敷地にゴミを投げ込んでくるケースがあります。

ひどい時には石を投げてくることもあるそうです。

また、花壇や畑を荒らされるトラブルも各所で報告されています。

 

 

(3) 故意に騒音を立ててくる

嫌がらせのためにわざと大きな音を立ててくるケースもあるようです。

 

  • ベランダに洗濯物を干すと「うるさい!」と大声で叫んでくる
  • 棒で柵を叩いてカンカンと金属音を立ててくる
  • 扉をドンドンドン!と叩いてくる

これはもはや嫌がらせというよりも脅迫です。

長続きすればこちらの精神が参ってしまいます。

 

 

 

 

隣人トラブル解決のポイント

 

隣人からこのような嫌がらせを受けている場合、どのようにして解決を目指せばよいのでしょうか?

ポイントは

「複数の第三者を介入させること」

です。

 

 

故意に嫌がらせをしてくるような相手と絶対に1対1になってはいけません。

相手が逆上し、嫌がらせがエスカレートする可能性があるからです。

必ず第三者の立場の人間を介して(もしくは同席させて)トラブル解決に挑んでください。

 

 

また、相談先は1つではなく複数あるとより心強いです。

1カ所では解決しないような内容でも、例えば警察・町内会・自治体の3カ所が同時に動けばより効果的です。

精神的な安心感も得られます。

 

 

 

隣人から嫌がらせを受けた場合の4つの相談先とは?

それでは、実際にどういった相談先があるのかあるのでしょうか?

お住まいの地域によって多少異なるかもしれませんが、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

(1) 地域の民生委員

民生委員とは、民生委員法に基づいて厚生労働大臣から委嘱された非常勤の地方公務員です。

公務員といっても給与が出ているわけではありません。

その地域の実情をよく知り、福祉活動やボランティア活動などに理解と熱意がある住民の方が民生委員に選ばれます。

 

民生委員はその地域の生活に関する相談に幅広く乗ってくれます。

彼らには守秘義務が課せられているので、「相談するほどではないかも」といったことでも気軽に相談してみてください。

 

ただし、民生委員の方自体が解決に向けて動くというよりは、必要な支援先への「つなぎ役」としての役割を担う存在です。

困った時の最初の相談先として選ぶと良いでしょう。

 

 

 

(2) 地域包括センター

地域包括センターとは、高齢者の心身の健康を保持し、安定した暮らしをささえていくための機関です。

嫌がらせをしてくる相手が高齢者の場合、ここで相談に乗ってくれます。

隣人からのクレームが認知症からくる思い込みの可能性がある場合、選択肢に入れてみてください。

 

 

(3) 保健センターの精神保健福祉相談員

保健センターは、市町村が設置した健康・保健に関する相談所です。

隣人から全く心当たりのないことを言われたり、明らかに言動がおかしい場合、相手はこころの病気を患っている可能性があります。

センター内には精神保健福祉相談員が在籍しているため、心当たりがあれば相談してみてください。

 

 

(4) 警察

ご近所トラブルの相談先として最初に思いつくのが警察です。

いきなり110番するとパトカーが来るので、まずは警察相談専用電話「#9110」にかけてみると良いでしょう。

相談業務を専門に担当する「警察安全相談員」が、適切な方法をアドバイスしてくれます。

 

 

その際は証拠を持っていると警察もかなり積極的に対応してくれます。

事前に監視カメラなどの設置をしておくと、安心ですよね。

 

⇨初期費用なしで監視カメラを設置する方法

 

 

 

 

隣人からの嫌がらせへの最終手段は?

最終手段はやはり弁護士を立てた法的措置です。

裁判を起こすかどうかはともかく、まずは「法テラス」で無料相談をしてみると良いでしょう。

国によって設立された機関ですので、解決に役立つ法制度や各種支援制度を無料で案内してくれます。

 

また、実際に裁判を起こすとなった場合、近隣トラブルに強い弁護士を紹介してくれます。

 

 

 

まとめ:「スカッと」なオチを期待してはいけない

人間関係のトラブルはモヤモヤがつきもの。

漫画やドラマのようなスカッとする結末にはならないのが現実です。

 

こうした隣人トラブルにおいては、仕返ししたいという復讐心を持つのではなく、平穏な日常を取り戻すことを第一に行動することが大切です。

そのためにもなるべく多くの第三者に介入してもらい、冷静な視点で解決方法を模索していきましょう。

 

 

ただ、最悪「今の家から他所へ引っ越しするしかない」というケースもあると思います。

その時はキチンと引っ越し先の近隣に変な人がいないかを調べておいた方が良いですよ。

例えばこんなサービスを利用すれば次の引越し先で近隣トラブルは回避できるでしょう。

 

近隣トラブルは2度とゴメンなら

 

 

 

 

-住居