【知らないと損する建売住宅にひそむ7つの注意点とは?】それでもあなたは建売を買いますか?

知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点

 

 

マイホーム購入って人生を左右する高額な買い物です。

 

なので

『注文住宅もいいけどちょっとだけ安い建売でもいいかな?」

なんて思いがちですよね。

 

 

しかし。

建売住宅って住んでみると「なにかしらの不満」が出てくるものなのです。

 

 

そこでこの記事では建売住宅にひそむ7つの注意点をご紹介します。

 

建売って

  • 住んだ後のイメージがしやすい
  • 面倒な打ち合わせなどがない
  • 新築より安い

というメリットがありますが、要チェック部分をおろそかにすると大後悔することになってしまいます。

 

「絶対に失敗したくない一世一代の大きな買い物」をする前にチェックしておいてください。

 

 

 

住宅購入 不安 ランキング
参考【実録】住宅購入時に不安だったことランキング&住んだ後結局どうなった?体験談

        「人生の中で最も高い買い物は家」 と言われるように、住宅購入には綿密な計画と大きな覚悟が必要です。 しかしどれだけ備えても不安はつきもの。 &n ...

続きを見る

 

 

建売住宅に決めて本当に大丈夫?購入前に必ず確認したい7つの注意点とは?

 

住宅購入の中で一番手っ取り早いのが、建売住宅(分譲住宅)を購入することです。

実際に建っている家を見て購入できることから、入居後のイメージがしやすく、比較的リスクが低いとされています。

 

しかし、住んだ人にしかわからない、建売住宅ならではの落とし穴もあるので注意が必要です。

 

 

 

 

絶対に押さえておきたい「建売住宅を購入する際の7つの注意点」とは?

知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点

 

 

では建売住宅を購入する際に特に注意しておかないといけない点とはどういうものなのでしょうか?

絶対にチェックすべき7つの注意点

を挙げてみます。

 

 

注意点①設備のグレードが低いことがある

知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点

 

内覧時、新品のキッチンやトイレを前にテンションが上がる奥様をよく目にしますよね。

 

しかし建売の場合、それらはあまり良いグレードではない可能性があります。

「うちはこれで十分だよ」と奥様が言っていても、いざ使用してみると物足りない部分を見つけてしまったり。

結局後から「高機能のものにすればよかった」となりがちなのです。

 

 

特に、最新の設備は高機能なだけでなく、見た目も非常に洗練されています。

将来的にリフォームするとしても、少なくとも10年は使うものなので妥協したくないポイントの1つです。

 

 

 

注意点②無駄な間取りが発生することがある

 

結局使わないスペースが発生すると非常に損をします。

余った場所をなんとなく物置にしてみても、その面積分の固定資産税を払い続けてしまうようなもの。

 

 

逆に、思ったより狭かったり、部屋数が少ないという事態も避けたいものです。

特に、子供部屋が狭いと成長するにつれ使い勝手が悪くなるため、思春期に大きな不満を抱えやすくなります。

 

 

一方、注文住宅であればプロの建築士があなたの家族にとってのベストな間取りを提案してくれるでしょう。

長いスパンで見た時に間取りの過不足が無いよう、しっかり吟味したいポイントです。

 

>>月たったの6万円台で夢のマイホーム!

 

 

 

 

注意点③追加工事費がかかる

 

建売住宅は、購入してすぐ住めるわけではありません。

購入後にエアコン工事や配線工事が別途必要な場合があります。

これが結構な負担を産んでしまいます。

 

 

また入居前に、奥様の希望で壁紙を好みの色に貼り替えるご家庭も多くあります。

お得に建売住宅を選んだにもかかわらず、色々追加工事をした結果

注文住宅と大して変わらなかった

…となりがちなので気を付けましょう。

 

 

 

 

注意点④収納が足りないことがある

知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点

 

 

建売住宅はよくも悪くも必要最低限です。

収納スペースも例外ではありません。

 

意外に見落としがちなのがトイレの収納。

トイレットペーパーや生理用品をしまう場所が十分にないと非常に不便です。

 

 

特に小さいお子さんがいる家庭では、おまるや補助便座を置くスペースの確保もしたいところ。

どんなに新しい家でも、物であふれかえってしまっては不便です。

家族全員が気持ちよく過ごせるように、収納スペースには十分チェックしましょう。

 

 

 

 

注意点⑤外構(エクステリア)に不満を覚えやすい

 

収納と同じく、外構(エクステリア)も最低限のものしか備わっていない建売住宅がほとんどです。

最初は家本体ばかりに目がいって気づきにくいのですが、外構は家の利便性に大きく影響します。

 

例えば、一見十分なスペースがあるように見える駐車場でも、ベビーカーの乗り降りには狭すぎる場合があります。

また、車を駐車すると自転車が置けなくなった…なんてケースも。

 

 

将来的に自分たちの介護が必要になった際には、車椅子の乗り降りには広い空間が必要です。

加えて、将来的に電気自動車が普及しそうなことを考えると、屋外の給電設備も必須になるかもしれません。

これらは後から施工すると結局100万単位の追加費用がかかるため、事前に慎重な検討が必要です。

 

 

 

 

注意点⑥工事現場を直接確認できない

知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点

 

 

建売住宅は価格の安さが売りの一つです。

 

そこで不安になるのが手抜き工事の存在

家は建ってしまったら最後、壁を破壊する以外の方法で、見えない部分を確認することはできません。

 

基礎がしっかりしているか、断熱材がしっかり使われているかなど、工事現場を実際に確認しないとわからない部分は多くあります。

うまい宣伝文句に釣られて安い家を買うと、知らず知らずのうちに欠陥住宅を掴まされます。

 

 

注意点⑦入居後のメンテナンスに不安が残る

 

入居後のメンテナンスに関する不安点は2つあります。

 

1つ目は、アフターサービスがしっかりしているかどうか。

注文住宅の場合、数年おきに点検に来てくれたり、保証期間が設けられていることが多いです。

 

しかし、一般的な建売住宅にそこまで手厚いサービスは期待できないでしょう。

いわゆる「売りっぱなし」の会社に当たってしまった場合、何かあったときは自分たちで対処しなければいけません。

 

 

 

2つ目は、外壁や屋根の耐用年数に関する不安です。

安い材料が使われている場合、劣化が早く進むため、その分メンテナンスの工事回数も増えます。

外壁工事と屋根工事、どちらも100万円近くかかる大きな出費です。

 

 

また、外観の印象も大きく左右します。

住んでから「こんなはずじゃなかった」と夫婦で頭を抱えることがないよう、建材の品質はしっかり見極める必要があります。

 

 

 

知らないと損する建売住宅にひそむ7の注意点のまとめ

知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点

 

 

知らないと損する建売住宅にひそむ7つの注意点

  • 設備のグレードが低いことがある
  • 無駄な間取りが発生することがある
  • 追加工事費がかかる
  • 収納が足りないことがある
  • 外構(エクステリア)に不満を覚えやすい
  • 工事現場を直接確認できない
  • 入居後のメンテナンスに不安が残る

 

建売住宅を検討している場合には是非とも以上の点を頭の隅に置いてほしいです。l

 

 

住宅購入は時間も手間もかかる大仕事。

何度もする打ち合わせに疲れると、つい建売住宅に手が伸びがちです。

 

 

しかし、その家は家族が何十年も住む場所。

金額や時間だけにとらわれず、“家族にとって最適な家のかたち”を今一度考えてみることが大切です。

「楽だから」と安易に建売住宅に飛びついてしまうと、後で大きな代償を支払うことになってしまうかもしれません。

 

 

 

 

建売住宅も良いですが…

 

建売住宅にも良い面はありますが、一世一代の大きな買い物をするならやはり注文住宅のほうが良いですよね。

とはいえ、やはりネックになるのが価格のこと。

 

でも、実はちゃんと計画を持って建てれば、今払っている賃貸住宅の家賃よりも安く家を建てることも可能なのです。

詳しくはこちら↓


 

 

 

 

 

 

知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点

一般的には、我々は必ず慎重に考えなければなりません。 私からすると、 知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点は、発生したら何が起こるのか、発生しなければ結果はどうなるのか。 昔トルストイは不意にこう言いました、「いかなる時でも、お辞儀はし足りないよりも、し過ぎたほうがいい。」それによって私は啓発されました、 私からすると、 誰でも時々こんな問題に遭遇するのでしょう。 こんな問題に対面している時、 この方面から考えるなら、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点は一体どんな存在なのかをきっちりわかるのが全ての問題の解くキーとなります。 昔E・M・フォースターはこう言いました、「あまり人を理解できるとは思わない。わかるのは、好きか嫌いかだけだ。」短いながら、この言葉は私に様々な考えを持たせます。 問題のコツは到底なんなんでしょうか? そうだとすると。

知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点を発生するには、一体どうやって実現できるのか。 もし平日に知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点が現れるとしたら、我々はそれが現れたと言う事実を考えなくてはいけないです。 これらの疑問を持って、我々は知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点を念入りに考えましょう。 昔エリノア・ルーズベルトはこう言ったことがある、「貴方の心が正しいと感じることを行いなさい。行なえば非難されるだろうが、行なわなければ、やはり非難されるのだから。」短いながら、この言葉は私に様々な考えを持たせます。 これらの疑問を持って、我々は知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点を念入りに考えましょう。 今では、趣旨に関する問題を解決するのが一番大事です。そこで、これらの疑問を持って、我々は知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点を念入りに考えましょう。

知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点は一体どんな存在であるかをずばり考えることです。 こんな事実は私本人に対して深刻な意味を持って、この世界にとってもある程度有意義なことだと信じています。 知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点を発生するには、一体どうやってできるのか;一方、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点を発生させない場合、何を通じてそれをできるのでしょうか。 とりあえす、 この方面から考えるなら、しかしながら、こんなことでも、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点の現れにはある意味意義を持っていると考えられる。 上に述べた通り、誰もご存知の通り、意義さえあれば、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点を慎重に考えざるを得ない。

個人的に言うなら、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点は私にとって非常に重要だと言わなければならないです。 私からすると、 問題のコツは到底なんなんでしょうか? 誰もご存知の通り、意義さえあれば、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点を慎重に考えざるを得ない。 一般論を述べると、問題のコツをマスターすれば、残りは全て刃を迎えて解くと思われます。 昔バイロンはこう言いました、「ずいぶん敵も持ったけど、妻よ、お前のようなヤツは初めてだ。」こうした中、私の疑問が解けました。私からすると、 そうだとすると、 昔ロバート・ルイス・スティーブンソン(英 小説家)はこう言ったことがある、「いつも楽しく暮らすよう心がければ、外的環境から完全にあるいはほとんど解放される。」こういう思考を持って、我々はこの問題をより慎重に考え直さねばならない: こうした困難な選択肢に向き合って、私は思いを巡らせ、居ても立っても居られないです。 知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点は一体どんな存在なのかをきっちりわかるのが全ての問題の解くキーとなります。 昔ブライアン・アダムスはこう言いました、「貴方の周りを変えようとしてもほとんど意味がない。まず最初に、自分の信念を変えなさい。そうすれば、貴方の周りのあらゆることがそれに応じて、変わる。」こういう思考を持って、我々はこの問題をより慎重に考え直さねばならない: 一般的には、 私本人もじっくり考えながら、夜となく昼となく知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点のことを考えています。 でしたら、 一般的には、 誰でも時々こんな問題に遭遇するのでしょう。 こんな問題に対面している時、 考え直してみれば、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点は一体どんな存在なのかをきっちりわかるのが全ての問題の解くキーとなります。 誰もご存知の通り、意義さえあれば、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点を慎重に考えざるを得ない。 知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点を発生するには、一体どうやって実現できるのか。 知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点は、発生したら何が起こるのか、発生しなければ結果はどうなるのか。 私からすると、 今では、趣旨に関する問題を解決するのが一番大事です。そこで、昔マザー・テレサはこう言いました、「いまの世の中、人間が人間を見捨てているのよね。親が子を、子が親を、兄が弟を、友が友を、隣人が隣人を。」諸君にもこの言葉の意味をちゃんと味わわせようと思います。 昔シェイクスピアはこのモットーが言いました、「貴方がたとえ氷のように潔癖で雪のように潔白であろうとも、世の悪口はまぬがれまい。」こうした中、私の疑問が解けました。一般的には、我々は必ず慎重に考えなければなりません。 一般論を述べると、問題のコツをマスターすれば、残りは全て刃を迎えて解くと思われます。 しかし、こうした件は全部が重要ではない。もっと重要なのは、 でしたら、 こうした困難な選択肢に向き合って、私は思いを巡らせ、居ても立っても居られないです。 今では、趣旨に関する問題を解決するのが一番大事です。そこで、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点と言いますと、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点をどう書くのが要となる。 我々はとても言い難い事実を面せざるを得ない、それがしかし、こうした件は全部が重要ではない。もっと重要なのは、 昔マーフィーはこう言いました、「貴方に配られたトランプのカードは不利ではない。貴方の考えや感情が不利にも有利にも作用するのだ。」それによって私は啓発されました、 問題のコツは到底なんなんでしょうか? この方面から考えるなら、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点はなんのことで発生したのか?こんな事実は私本人に対して深刻な意味を持って、この世界にとってもある程度有意義なことだと信じています。 知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点は、発生したら何が起こるのか、発生しなければ結果はどうなるのか。 今では、趣旨に関する問題を解決するのが一番大事です。そこで、しかしながら、こんなことでも、知らないと 損する 建売住宅にひそむ7の注意点の現れにはある意味意義を持っていると考えられる。 昔D・カーネギーはこう言ったことがある、「およそ人を扱う場合には、相手を論理の動物だと思ってはならない。相手は感情の動物であり、しかも偏見に満ち、自尊心と虚栄心によって行動するということを、よく心得ておかねばならない。」こうした中、私の疑問が解けました。

アパートに住んでいたのですが、アパート代を毎月払っていくぐらいなら戸建を購入して同じくらいの金額で返金した方がいいのかなと思いました。それから、子供が産まれるとなると、アパートでは泣き声などで近所に迷惑をかけてしまうかもしれないので戸建かなと思いました。私達が考えている時は、ちょうど消費税が上がる前でそれまでには契約を完了したいと思いました。なかなか思ったようにはスムーズに契約まで進まなかったのが大変でしたが、購入して良かったと思います。子供が大きくなる前に家を建てると、床や壁などにキズが付いて新築がボロボロになってしまうと周りから聞いていましたので、本当に今購入すべきか悩むところでした。でも、子供が成長するのを待っていると、ローンの返済が大変になるし、なるべく若いうちに早いうちにともアドバイスを受けて悩んでいました。思うような土地もなかなか見つからず、金額のこともあって大きな買い物なので決めかねるところでしたがそういうときは主人が動いて進めていました。実際に家を購入してみて、正直な気持ちはとても嬉しかったです。新築の匂いが好きなのですが、家に帰るのがとても楽しみになりました。子供が産まれて、お風呂が広くなったことでとても入れやすくなり負担も減りました。子供が大きくなると家の中を走り回ったりしてとても大きな音をたてることが増えたのですが、戸建だとあまり気にならずに過ごせています。団地なので同じくらいの子供が多いため近所付き合いも増え、子供たちも楽しそうに毎日遊んでいます。

 

-家を買う?買わない?
-